キャリアアップ助成金増額-2月10日予定

キャリアアップ助成金の増額




キャリアアップ助成金の拡充が平成28年2月10日の予定で

下記のように受給額がアップする予定です。




まず、有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した場合の

正規転換コースは下記のように金額アップ。()は大企業の受給額。

  • 有期→正規 60万円(45万円) [改正前 50万円(40万円)
  • 有期→無期 1人当たり 30万円(22.5万円)[改正前 20万円(15万円)]
  • 無期→正規 1人当たり 30万円(22.5万円)[改正前 30万円(25万円)]
    ※ 事前にキャリアアップ計画の提出が必要です。






次に、有期契約労働者等を多様な正社員に転換、または直接雇用等した場合に発生する多様な正社員コースは下記のように受給額アップ。

  • ①有期→多様な正社員(勤務地・職務限定正社員、短時間正社員) 1人当たり 40万円(30万円) [改正前 30万円(25万円)]
  • ②無期→多様な正社員 1人当たり 10万円(7.5万円)[改正前 30万円(25万円)]
  • ③多様な正社員→正規 1人当たり 20万円(15万円)

※ ①②は、勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合
1事業所当たり10万円(7.5万円)加算







最後に人材育成コースは下記のように受給額アップ。

有期実習型訓練終了後、対象者全員を正規雇用労働者等に転換した場合、OFF-JTにかかる経費助成の上限額 ※実費を限度。


  • 100h未満 1人当たり 15万円(10万円) [改正前 10万円(7万円)]
  • 100h以上200h未満 1人当たり 30万円(20万円) [改正前 20万円(15万円)]
  • 200h以上 1人当たり 50万円(30万円) [改正前 30万円(20万円)]









助成金申請を代行
お気軽にご相談ください

助成金、補助金申請の流れ   お客様の声

社会保険労務士への無料相談、受給診断   助成金、補助金申請のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 何の助成金、補助金に該当しているのかよくわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

社会保険労務士による労働保険・社会保険加入、助成金にも対応




助成金申請のお申し込み

社会保険労務士へ助成金、補助金申請のお申込

助成金申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




助成金申請のご相談

社会保険労務士への相談、受給診断

助成金に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




助成金申請の対応地域のご案内

対面しての助成金申請業務は札幌市、札幌近郊に対応。当事務所まで来所して頂けるお客様は無料相談を行っております。札幌、近郊でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み

コメントを残す

このページの先頭へ