従業員を採用したときの雇用保険加入-社会保険加入

従業員を採用したときの雇用保険加入-社会保険加入の手続きは下記のようになります。


雇用保険


入社時の手続き。従業員さんを雇うと、雇用条件等により雇用保険に加入させなくてはいけません。

雇用保険に加入するのは、次の4要件すべてを満たす方です。

  • 1週間の労働時間が20時間以上である
  • 31日以上の雇用見込みがある(期間の定めがない場合も含む)
  • 役員ではない
  • 昼間学校に通っている学生ではない

この要件を満たす場合、アルバイト・パートの方も雇用保険に加入します。



助成金


雇用保険に加入する方を雇う場合、支給要件を満たす方であれば助成金の対象となります。助成金は返済不要の資金です。せっかく毎年雇用保険料を納めているのですから、要件に合致する場合は積極的に活用しましょう。

従業員を新たに雇い入れる場合、次の助成金の活用が考えられます。ご興味を持たれた方は当事務所までお気軽にご相談ください。


  • キャリアアップ助成金-正規雇用転換コース
  • 通年雇用助成金(平成29年4月より、通年雇用奨励金は通年雇用助成金に名称変更されました。)
  • 特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)…高年齢者・障害者・母子家庭の母などの就職困難者を雇い入れる場合
  • 特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)…65歳以上の高年齢者を雇い入れる場合



社会保険


入社時の手続き。従業員さんを雇うと、労働時間・労働日数により社会保険に加入させなくてはいけません。

社会保険に加入するのは、次の2要件を両方とも満たす方です。

  • 1週間の所定労働時間が、正社員のおよそ4分の3以上
  • 1ヶ月の所定労働日数が、正社員のおよそ4分の3以上

※従業員が500人以上いる会社については、加入要件が異なります。

試用期間であっても社会保険には加入させなくてはいけません。継続的な雇用が認められるからです。


雇用期間が2ヶ月未満の方については、社会保険に加入する必要はありません。試用期間との違いは、更新される可能性がないことです。

はじめに2ヶ月未満の雇用契約を締結していても、試用期間と判断されると入社時から社会保険に加入したことになります。



社会保険未加入の問題


社会保険の加入要件を満たしているのに加入させていなかった場合には、次の2点が問題となります。

1つは、さかのぼり加入です。

年金事務所は、毎年任意にピックアップした会社の社会保険加入調査を行っています。
この調査で未加入の方が発見されると、最大過去2年分の社会保険料をさかのぼって徴収されてしまいます。
本人分と会社分をまとめて請求されますので、大きな負担になります。


2つめは、損害賠償を請求されるリスクです。

社会保険に加入すると、社会保険料は半額を会社が負担します。また扶養家族については社会保険料は発生しません。

いっぽう、ご自身で国民健康保険・国民年金に加入していた場合、全額を本人が負担します。また、国民健康保険では、扶養家族の保険料も本人が負担することになります。家族が多いほど、社会保険に加入した方が、保険料が安くなるのです。

本来であれば社会保険に加入していたはずなのに加入していなかった場合、本来の保険料との差額を損害賠償請求される恐れがあります。

社会保険の加入要件を満たす従業員については、かならず社会保険に加入させるようにしましょう。

雇用条件の変更により加入要件を満たすこともあります。加入要件を満たしているか、時期を定めて定期的にチェックすることをお勧めします。







助成金申請を代行
お気軽にご相談ください

助成金、補助金申請の流れ   お客様の声

社会保険労務士への無料相談、受給診断   助成金、補助金申請のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 何の助成金、補助金に該当しているのかよくわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

社会保険労務士による労働保険・社会保険加入、助成金にも対応




助成金申請のお申し込み

社会保険労務士へ助成金、補助金申請のお申込

助成金申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




助成金申請のご相談

社会保険労務士への相談、受給診断

助成金に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




助成金申請の対応地域のご案内

対面しての助成金申請業務は札幌市、札幌近郊に対応。当事務所まで来所して頂けるお客様は無料相談を行っております。札幌、近郊でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ