健康保険(社会保険)とは

健康保険はみなさんも病院で出す、保険証をくれる制度です。
病院で健康保険証を見せることで、治療費が3割負担で済みます。

このほか、病気・ケガや出産で仕事を休んだ場合には、給料の約3分の2がもらえます。また、家族が扶養に入ると、家族は健康保険料を負担することなく、健康保険に加入できます。

従業員さんにとっては、とてもありがたい制度なのです。



2.社会保険に加入する要件


<会社>

法人(株式会社、有限会社、合同会社など)であれば、社会保険に必ず加入しなくてはいけません。

個人事業については、行っている事業によって、強制加入か任意加入かに分かれます。
強制加入…従業員さんを5人以上雇っている場合は強制加入
任意加入…飲食店、美容院・理髪店、エステサロン、農林水産業などを行っている場合は、人数に関係なく任意加入

<従業員>

平成28年10月1日より加入要件が変わります。

平成28年9月30日までは、
○1日または1週間の労働時間が、正社員のおよそ4分の3以上
○1ヶ月の労働日数が、正社員のおよそ4分の3以上
の両方を満たす方は、社会保険に加入しなくてはいけません。

正社員さんは必ず加入、パート・アルバイトさんについてもフルタイムなら強制加入です。

平成28年10月1日以降は、
○1週間の所定労働時間が、正社員のおよそ4分の3以上
○1ヶ月の労働日数が、正社員のおよそ4分の3以上
の両方を満たす方は、社会保険に加入しなくてはいけません。

さらに、平成28年10月1日以降、従業員が500人以上の会社については、社会保険の加入範囲が広がります。
○1週間の所定労働時間が20時間以上
○雇用期間が1年以上見込まれる(期限の定めがない場合も含まれる)
○月額賃金が8.8万円以上
○学生ではない
この4つを全て満たす方は、社会保険に加入しなくてはいけません。



3.保険料


社会保険料は、入社時または算定基礎届で決定した金額に基づいた額を、毎月納めます。
会社と従業員さんで半額ずつ負担します。

会社の負担がかなり大きく、中小零細企業の中には、社会保険料を負担できないという理由で強制加入なのに手続きをしていない会社も少なくありません。

2014年7月4日の発表では、80万社が未加入とのことです。

強制加入なのに社会保険に加入していない場合、調査で判明すると過去2年にさかのぼって加入手続きをすることにもなりかねません。
この場合、2年分の社会保険料を一括納付しなくてはいけません。



4.助成金


厚生労働省の所管する助成金をもらうためには、法律上加入が義務付けられる事業所は社会保険への加入も必要となります。

なぜかと言うと、厚生労働省の助成金の多くは、ハローワークを通じて求人することが受給要件になっているものが多いのです。

ハローワークでは、会社なのに社会保険に加入していない場合、求人票を受け付けてくれません。
労働保険にきちんと加入し労働保険料を納めていても、助成金をもらえなくなってしまうのです。

助成金は返さなくてもいいお金です。
せっかく受給要件を満たしているのにもらえないのではもったいない。

福利厚生制度がしっかりしていることで、いい人材も雇いやすくなります。
強制加入の会社はぜひ加入手続きをしてください。





助成金申請を代行
お気軽にご相談ください

助成金、補助金申請の流れ   お客様の声

社会保険労務士への無料相談、受給診断   助成金、補助金申請のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 何の助成金、補助金に該当しているのかよくわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

社会保険労務士による労働保険・社会保険加入、助成金にも対応




助成金申請のお申し込み

社会保険労務士へ助成金、補助金申請のお申込

助成金申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




助成金申請のご相談

社会保険労務士への相談、受給診断

助成金に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




助成金申請の対応地域のご案内

対面しての助成金申請業務は札幌市、札幌近郊に対応。当事務所まで来所して頂けるお客様は無料相談を行っております。札幌、近郊でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み



コメントを残す

このページの先頭へ