キャリアアップ助成金 正規雇用等転換コースの必要書類

正規雇用等転換コースは、就業規則または労働協約その他に準じたものに規定した制度に基づきます。有期契約労働者、パート労働者、派遣労働等を正規雇用または無期雇用に転換、もしくは直接雇用した場合に助成します。

有期雇用、パート労働者、派遣労働者等→正規雇用または無期雇用・直接雇用した場合。



支給申請期間 「正規雇用等転換コース」

転換または直接雇用した対象労働者に対し、正規雇用労働者、無期雇用労働者として賃金を6カ月分支給した日の翌日から起算して2カ月以内。



キャリアアップ助成金支給申請書類 「正規雇用等転換コース」


(1)キャリアアップ助成金申請書
(2)正規雇用等転換コース内訳
(3)正規雇用等転換コース対象労働者評価
(4)事業所確認票
(5)支給要件確認申立書
(6)支払方法・受取人住所届
(7)キャリアアップ計画書(写)
(8)労働協約(写)または就業規則(写)
就業規則は、労働基準監督書の受付印が押印されているもの。10人未満の事業所は、労働基準監督署に届出を行わない場合、事業主および労働者全員の署名および印鑑のある申立書が必要
(9)就業規則(写)または労働協約等(写)
(10)支給対象労働者の転換前および転換後の労働条件通知書または雇用契約書(写)
転換前および転換後の契約内容、労働条件が確認できるもの
(11)賃金台帳(写)
転換日の前6カ月間および転換後6カ月間の賃金分
(12)出勤簿またはタイムカード(写)
転換日の前6カ月間および転換後6カ月間分
(13)登記簿謄本、会社案内等(写)
資本金および事業内容が確認できるもの
(14)母子家庭の母等を転換等し、加算額を希望する場合は、下記の書類。

対象労働者が母子家庭の母等である場合
下記の内のいずれか
1.児童扶養手当の支給を受けていることを証明する書類
2.遺族基礎年金の給付を受けている者が所持する国民年金証書
3.母子福祉金貸付金の貸付を受けている者が所持する貸付決定通知書
4.市区町村長または社会福祉事務所長、民生委員会等が母子家庭の母等であることを証明する書類
5.住民票及び母子家庭の母等申立書
6.住民票及び母子家庭の母等申立書

対象労働者が父子家庭の父である場合
1、4のいずれかの書類
もしくは、市区町村長、社会福祉事務所長が児童扶養手当の支給を受けている父子家庭の父であることを証明する書類

(14)若年雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等し、加算額を希望する場合は、下記の書類(写)
・若年雇用促進法に基づく認定事業主に係る基準適合事業主認定通知書及び基準適合事業主認定申請書
・転換日等において、対象労働者が35歳未満であること







助成金申請を代行
お気軽にご相談ください

助成金、補助金申請の流れ   お客様の声

社会保険労務士への無料相談、受給診断   助成金、補助金申請のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 何の助成金、補助金に該当しているのかよくわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

社会保険労務士による労働保険・社会保険加入、助成金にも対応




助成金申請のお申し込み

社会保険労務士へ助成金、補助金申請のお申込

助成金申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




助成金申請のご相談

社会保険労務士への相談、受給診断

助成金に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




助成金申請の対応地域のご案内

対面しての助成金申請業務は札幌市、札幌近郊に対応。当事務所まで来所して頂けるお客様は無料相談を行っております。札幌、近郊でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み

コメントを残す

このページの先頭へ